BLOG

【衝撃の初日】手こずる生徒ほど先生の腕が上がる①

おはようございます。

宮崎市田野町のさとう式リンパケアとレイキヒーリング

リンパケアレイキ『もも』の 濱谷歩咲江(はまやふさえ)です。

 

今だから語れる講座の初日を振り返ってみました。

私って本当に頑張ったんだな~偉い!泣

衝撃!効果が分かりません。

リンパケア講座に通われる生徒さんは

さとう式リンパケアのことを全く知らない方ばかり。

時々、さとう式を耳にしたり、ご存じの方もおり体験にこられましたが、

不思議な事に、全く知らない方のほうが長続きしています。

 

そして、長続きする方のほうが、悩みが深く、体に無自覚。

 

 

悩みがあるのに、自覚がない。

気になるほどの痛みはあるが、

特に対処していない。

 

 

そうすると、どうなるかというと、体の感覚が麻痺してしまい。

 

痛みはあるが、痛みは当たり前、本来の正常な状態を忘れて

 

不具合のある状態を正常と脳が書き換えることに。

体は腔

これが、『効果が分かりません』という現象を生むのです。

 

【入門編】リンパケア講座の流れ

押す、揉む、引っ張る、ストレッチ、マッサージ、指圧、強もみ

今まではそれしかないと思って生きてきた。

 

それなりに対処してきたつもり、やってきた割に

 

肩こり、腰痛、膝の痛み、股関節の痛み、
背中の痛みや、全身の倦怠感、何故か悩みが解消しない。

 

 

なんかおかしいなと感じつつも、不具合があるまま生きている皆様へ

 

先ずは、『簡単な緩むことで起こる 変化 を体感していただきます。』

 

さあ~簡単ですよ~♪

呼吸と触れるだけで、硬くこわばってしてしまった筋肉を優しく緩めて行きましょう。

まず、片方の手のひらを自分の頬に当てて呼吸をしましょうか。

ふわっと、乗せるように置くだけで良いです。

自分のほっぺが、焼きたてのふわふわ食パンをイメージして

白いパン生地の膨らみが潰れないように、そっ~と優しく優しく乗せますよ。

食パンが難しい方は、ティッシュペーパーをイメージしてみましょう♪

一枚のペーパーが落ちるか落ちないかの力加減で

空気で挟むように手のひらを乗せましょう。

 

出来るだけ分かりやすく、身近な食べ物やアイテムで想像できるように説明するのですが

このイメージが出来なくて、ここからつまずきが始まります。

 

力を入れる事は容易に想像できるのに、力を抜く、脱力する事の経験が少なく

意識していないことなので、いざ指示されても想像が上手く出来ない。

 

 

その時の、生徒の皆様の反応は 無 言… そう、無 言 です。

 

表情を見ると、???疑問符が描いてあるのがよく分かる。

 

力抜くってどんなこと?
パンが潰れない圧ってどのくらい?

セルフケアマスター②

ここから、一人一人手を取って丁寧に教えることが始まりました。

 

どうにか、手の位置や力加減が分かり第一歩が始まります。汗

 

 

次のステップは、呼 吸。(やっと来た…ここで私はすでに疲労。笑)

 

鼻から吸って、胸郭(胸部)を膨らませて、
口からゆっくり倍の時間をかけてゆっくり吐いていく。

 

このシンプルな呼吸の繰り返しが 出 来 な い!!!

 

 

<つづく>

関連記事

  1. 過去
  2. もも
  3. ビフォーアフター
  4. 屋号お知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP